功隼館道場 

功隼館道場は刀連会員の有志によって構成され、日本刀の実用面について研究しています。​

 当会は、主に美術刀剣についての研究を行っておりますが、功隼館道場では、日本刀本来の「斬る」という実用面について研究しています。

 

 様々な刀身をサンプルに、長さや反り・刃肉のつき方・焼刃などの違いによって、刀の斬れ味とその持続性、使用感にどのような影響があるのか?といった事を学びます。

 

© 2013 by toukenkenkyurengoukai.